現地情報

現地情報

セブにもセブンイレブンがある

セブンイレブンについて

セブンイレブンは世界16カ国に展開している、アメリカ発祥のコンビニチェーンです。 世界で約67,000店舗あり、そのうち、日本国内では約20,000店舗、フィリピン国内では2,400店舗あるそうです。名前の由来として、当初は「朝7時〜夜11時まで営業時間」だったため7-Elevenという名前になったそうです。

セブのセブンイレブンについて

フィリピン・セブ留学中にいたるところで目にするセブンイレブンの店内を紹介していきます。フィリピン・セブにもセブンイレブンがあるんです。しかも、店内レイアウトはほとんど日本と同じです。さすが世界企業ですね!  

セブのセブンイレブンで買えるもの

お菓子、ドリンク、日用品(洗面用品・スタイリング用品)、フード、インスタント食品、アイスクリームなど日本のセブンイレブンとイメージはほとんど変わらないです。トイレットペーパーや生理用品、歯磨きセットやヘアワックス、シャンプーリンスー、石鹸など一通り揃います。

それでは 写真と合わせてセブのセブンイレブンを紹介してきます、こちらはレジの写真です。レジ専用のスタッフ、清掃専用のスタッフなど役割が分かれており、長蛇の列ができることもよくあります。それでも清掃スタッフは知らん顔です(笑)。決してレジやってなどクレームしちゃダメですよ。

 

こちらはセルフサービスのフードとドリンクのコーナーです。肉まんやドーナツ、フローズンドリンクなど買いたいものを自分で取ってレジに持っていきます。

 

お菓子コーナーでは日本でも売っているお菓子もちらほらあります。キットカットやスニッカーズ、m & mなどなど。ポテトチップスなどのスナック菓子ももちろんあります。

インスタント食品もたくさん揃っています。日本のカップヌードルのフィリピンバージョンや韓国の辛ラーメンもあります。

お酒やアイスも販売しております。写真のアイスはわたしの大好きなシリーズです。結構甘いのですが病みつきになっています(笑)


 

The following two tabs change content below.
南フィリピン大学ESL勤務/フィリピン・セブ留学エージェント起業/ 25歳で初めてフィリピン・セブ島英語留学をし、英語が伝わる楽しさ、現地での様々な体験に魅了され、その良さを一人でも多くの人に知って欲しくて起業しました。現地生活約3年弱の経験をもとにフィリピンセブ島留学の良い点・悪い点を包み隠さずブログに書いていきます。