現地情報

現地情報

真面目留学のZENイングリッシュへ訪問

ZENイングリッシュとは?

ZENイングリッシュとは「真面目留学」「顧客視点」「KAIZEN」をテーマとした英語留学を提供している日本人経営の学校です。海外の大学や大学院などアカデミックな英語力を必要としている方向けの語学学校です。学校の特徴はTOEIC900点以上の日本人マネージャーとTOEIC700点以上のスタッフがチューターとして留学生をサポートしてくれます。ネイティブ講師も在籍しており、フィリピン講師陣は厳格なトレーニングを受けた、教育学専攻のTOEIC900点以上取得者たちです。ZENイングリッシュの学生寮は2015年に建てられたビジネスホテルを寮としており1,2,3人部屋から選べます。ちょっと贅沢な環境でしっかりと英語学習に取り組むことができます。学習カリキュラムは一般英語、ビジネス、フィリピン・海外大学進学、TOEIC(スコア保証もあり)、IELTS、親子があります。どのコースも、マンツーマン4,6,8時間の時間制から選べます。4,6時間を選択した場合は無料グループレッスンが2コマ受講できます。

より詳しい内容内容に関してはZENイングリッシュ学校紹介をご覧ください。

ZENイングリッシュの設備について

ZENイングリッシュは最大定員30名と小規模な学校です。そのため、学校施設はかなりコンパクトにまとまっています。移動時間も少なく英語学習に集中できるのがポイントです!

マンツーマンの教室の様子です。

こちらは学生ラウンジ兼、食堂です。食事はビュッフェスタイルとなるため各自で好きな量だけ取って食べられます。

学校見学の際にご馳走になったランチです。実は学校見学の前に朝からバーガーキングに行ってしまったためまさかのお腹いっぱいだったため、ライスはいただきませんでした(笑)。

こちらは鶏肉のフライとシュウマイみたいな挽肉の料理がメインだったのですが美味しかったです!

続いて、学生寮として使用しているTsai Hotelです。実は私がセブ働いていた時ここに住んでいました!お湯もしっかり出るし、他校の寮と比べてもダントツでここは快適です。住んでいて嫌だった点はシャワールームの床に傾斜がなく、シャワーした後に、水が少し溜まってしまうことくらいでした。フィリピンではこのような設計は当たり前のようにありふれているのでそんなに気になりませんでしたが(笑)。

ZENイングリッシュ周辺に関して

ホテルのすぐ横にtazzaというおしゃれなカフェがあります。Tsai Hotelに住んでいたときは、私もこちらのカフェをよく利用していました。コーヒーもそこそこ美味しく、最新の洋楽がかかっているので休日や放課後などに気分を変えて勉強したいときなどにおすすめです。1,000ペソもくずせます!

こちらはレストランバーです。名古屋で有名な手羽先が199ペソで食べ放題です!フィリピンの有名なビール、サンミゲルピルセンとこの手羽先合いますよ。学校内や寮内は禁酒です。もちろん、学外であっても未成年の方は飲んじゃダメですよ。

ZENイングリッシュから徒歩で1分のところに屋台のようなお店が集まった商業施設があります。こちらの看板が目印です。GOTHONG SOUTHERN PROPERTIESはセブに拠点を置く運送会社です。この敷地の中に商業施設のような場所が入っています。

こちらはFUJINOYAというカフェです。岐阜県の藤乃屋という老舗お菓子屋さんが運営しています。FUJINOYAは2017年に移転する前はTsai Hotelの目の前にありました。その時によくカフェラテを買っていました。当時はセブで一番美味しいカフェラテが飲める場所だったため、結構な頻度で通っていました。セブで本格的なスイーツが食べられ、美味しいカフェラテが飲めるのでおすすめですよ!

徒歩5分の距離にJYスクエアというショッピングモールがあります。こちらはアヤラモールやSMモールなどの大規模のモールではありませんが、スーパー、薬局、ファストフード、コンビニ、ATMまであるためとても便利です。

 

The following two tabs change content below.
南フィリピン大学ESL勤務/フィリピン・セブ留学エージェント起業/ 25歳で初めてフィリピン・セブ島英語留学をし、英語が伝わる楽しさ、現地での様々な体験に魅了され、その良さを一人でも多くの人に知って欲しくて起業しました。現地生活約3年弱の経験をもとにフィリピンセブ島留学の良い点・悪い点を包み隠さずブログに書いていきます。