現地情報

現地情報

セブで治安最悪のコロンエリアへ行ってきた

世界に認知されつつあるフィリピン・セブ島での英語留学。セブと聞く観光業が盛んで、綺麗なビーチがあるなど華やかなイメージする方が多いと思います。今回はフィリピン・セブのリゾートのイメージとはかけ離れたコロンエリアという場所をご紹介します。コロンエリアはスリやトラブルに遭う可能性が非常に高く、観光で行くのはおすすめしません。フィリピン・セブにはこんなところもあるよ!という意図でこちらの記事に掲載しています。

コロンってどんなところ?

フィリピン・セブにあるコロンストリートとは現地の方が買い物に行ったりするカルボンマーケットなど密集しており、フィリピンのローカル感がとても強い場所です。学校によってはコロンストリートへの出入りを制限している場合があります。その理由は、セブの中でも治安が最悪と言われている場所だからです。語学学校があるエリアからは遠く離れていますので留学生が気軽に訪れるような場所ではありません。今回は昼間にコロンストリートへ訪問しましたが、夜は本当に危険なので決して、興味本位などの安易な理由で訪れないでくださいね。

コロンってどこにあるの?

セブのアップタウンからタクシーで30分くらいの距離です。

コロンエリアはこんな感じ

今回はコロンエリアの中でも比較的栄えているところに行ってきました。路地裏などは現地人と一緒に行かない限りは単独では怖くてあまりはいりません。動画はiphoneで撮影しています。コロンで堂々とiphoneを出すのはなかなかの自殺行為なので絶対にやめてくださいね。

写真はコロンエリアからすぐのカルボンマーケットの様子です。人が多く、すれ違いざまなどにスリに遭う確率が高いです。

日本でいうネットカフェ的なやつです。お金を払ってパソコン席を利用しています。セブにはそこらじゅうに犬がいますが、ここにいる犬もペットなのか野生なのか不明です。

セブのカルボンマーケットにも行ってきた

こちらはカルボンマーケット周辺です。語学学校の先生も言っていましたが、こちらは現地の人がよく買い物に行く場所だそうです。古着から食品などローカルプライスで売っています。アヤラモール、SMモールなど大型モールと比べると激安です。服とかも20ペソとかです。バザーのような雰囲気です。

  

どこからきたのか聞かれ、日本人だということを伝えたら、写真の際にちゃっかり右の女の子はピースしてくれました(笑)

セブのコロンにはバロットも売っている

フィリピン・セブ留学のある意味名物となっているバロットがコロンでも売られています。コロンじゃなくても買えるのでコロンに行ってはダメですよ。バロットとは、一見、ゆで卵に見えますが食べると、黄身が鳥の形をしている状態で出てきます。卵として生まれてから羽化する前までの期間が選べます。例えばバロットの4週だとそこまでまだ鳥の形はしていません。16週や20週などは、ほぼ鳥です(笑)。とてもグロテスクで衝撃が走ると思います。

食あたりに合う場合もありますので挑戦する方はくれぐれもご注意を!

ちなみに、こちらはバロット露店商のおじさんです。

Do you wanna try ? 60 pesoと豪語してきました。

(ふざけんなよ!絶対いつもより高く販売してるだろwおいwwwとなりましたが何も言わずに笑顔でバイバイしました。私の知っている限りバロットは約30ペソくらいです。)

答えはもちろんNo!!!!!!!!!!!

こちらは路上で鳥を販売していました。価格は不明です。

 

 

いかがでしたか?

セブ島というとリゾートをイメージしがちですが、こういった場所もフィリピン・セブにはあります。治安のいい場所ではないので決して近寄らないことをおすすめします。

 

 

 

The following two tabs change content below.
南フィリピン大学ESL勤務/フィリピン・セブ留学エージェント起業/ 25歳で初めてフィリピン・セブ島英語留学をし、英語が伝わる楽しさ、現地での様々な体験に魅了され、その良さを一人でも多くの人に知って欲しくて起業しました。現地生活約3年弱の経験をもとにフィリピンセブ島留学の良い点・悪い点を包み隠さずブログに書いていきます。