現地情報

現地情報

セブ島留学でよくあるぼったくり

この記事ではフィリピン・セブ島留学中に起こり得るぼったくりあるあるを紹介します。絶対に押さえておきたいポイントを最初に3つご紹介しますのでこの3つ必ず押さえておいてくださいね。

・ フィリピンでは自分が外国人でありアウェイな存在であること

・ フィリピン人に対して威嚇や大声は絶対にダメ

・ 最悪の場合は妥協して相手の言い分を呑むこと

セブのぼったくりタクシー

フィリピンセブではマニラほどではありませんが、タクシー料金のぼったくりが多いです。私の経験からすると、汚いボロボロのタクシーは結構ぼったくり率が高いです。こちらの写真のタクシーは全部が全部ぼったくりタクシーというわけではありません。深夜にナイトクラブ周辺で乗車客を待っているタクシーです。深夜のぼったくりタクシー遭遇率は割と高めです。

こちらは私が移動で使った時の親切なタクシーの車内です。メーターの位置がスマホの下あたりにあります。タクシーによってメーターの位置が異なりますが大体どのタクシーもこの写真のメーターがついている部分の上下どちらかにあります。

お釣りを返してくれないパターン

これが一番多いです。日本では考えられませんが、単純にお釣りを持っていないタクシードライバーもいます(笑)フィリピン・セブでタクシーに乗る際は1,000ペソや500ペソは使えないと思って乗車してくださいね。

メーターを使ってくれないパターン

ぼったくりタクシーの中ではこの手のタクシードライバーが一番多いような気がします。乗車する際にメーターを使ってくれない場合は、メーターを使うように伝えましょう。Hey Sir, Could you turn on the meter please?こんくらい丁寧に言えばOKです。もし英語に弱いドライバーに当たってしまった場合はMeter pleaseとスマイルと一緒に連呼してください。もし何をしても使ってくれない場合はその場で乗るのをやめて違うタクシーを選びましょう。

メーターが改造されているパターン

この手のタクシードライバーが一番厄介ですが数は多くない印象です。あくまでも私の経験ですが、現在ではほとんど見ないのでは?と思っています。

まずは通常の料金がどれくらいか把握する必要があります。セブでのタクシーの初乗りは40ペソです。

参考までにITパークからマクタンセブ空港までの料金は約300ペソくらいです。約13キロの距離を渋滞なしで約30分くらいです。

メーター改造されているタクシーを利用した場合、メーターに2,000ペソとか表示されます(笑)。

セブのぼったくりバー

お酒の席では特に気をつけないといけません。フィリピンにはローカルなバーだけでなくKTB(フィリピンパブ)やビキニバー(売春バー)などあります。いかにも怪しそうなお店は利用しないでくださいね。だいたいぼったくりなお店は見た目がボロボロだったりとやばそうなオーラが漂っています。

フィリピンのぼったくりレジャー

ご自身で現地ツアー会社とやりとりをして利用する際は要注意です。こちらは私自身の実体験をご紹介します。セブ島留学最初の週末に現地のツアー会社を利用して台湾人8名と日本人5名でアイランドホッピングへ行きました。アイランドホッピングを満喫し、帰るときにぼったくりが発生しました。アイランドホッピングは海の上、自分たちがどこにいるのかもわかりません。沖へ戻りたければ追加1000ペソ(約1,500円)払えと行ってきました。最初に値段も確認しツアーに参加したはずだったのですが、この結果でした。渋々私たちは追加1,000ペソを払い事なきを得ました。結果的にこのアイランドホッピングのツアーは、現地のよくわからないツアー会社に申し込んでしまったことが最大の要因です。ご自身で現地ツアー会社を手配する際は、このような悪質なツアー会社もあるので、注意してくださいね!

セブのぼったくりバーでの対処法

外観がボロボロの怪しそうなバーには入らない。自分が注文した商品の値段をしっかりと把握し、他には、席料など発生するのかなど注文する前にしっかりと確認しておいてください。もしぼったくられた場合は金額にもよりますが、冷静に、何にどれだけお金がかかったのかしっかりスタッフと確認してください。雰囲気でこのままだとやばそうだと思ったら勉強代だと思って素直に諦めてください。命の方が大切です。ローカルな怪しいビキニバーなどは特に危険ですので行かないことを強くおすすめします。

セブのぼったくりタクシーの対処法

お釣りを返してくれないタクシー、メーターを使ってくれないタクシー、改造メーターを使うタクシーなどいろいろなパターンで全てに使える対処法をご紹介します。アプリのGrabタクシーを使うとドライバーとのお金のやり取りはほぼありませんのでおすすめです。ぼったくりに遭ってしまった場合は、目的地の周辺を走らせ、とにかく人気の多い場所に移動し、セキュリティーガードが立っているような場所に誘導してください。ショッピングモールのタクシー乗車場所や、大きめのホテルのエントランスなど。人目につくところで停車させ、降りる意志を伝えてドアを開けます。万が一の際の脱出路確保です。この際にセキュリティガードがドアを開けてくれる場所だと尚良しです。くれぐれも人気の少ない場所で降りたり、話し合ってはいけません!セキュリティーガードがいる場合は内容を話せばほとんどの確率で助けてくれます。ご自身が通っている学校のセキュリティーガードだったら100%助けてくれます。

フィリピンのぼったくりレジャーの対処法

学校が提供しているスクールツアーなど信頼できるツアー会社を利用する。決して安いからという理由で、よくわからないツアー会社は使わないということです。今思えばなかなかリスキーなことをしたなと反省しております(笑)

 

 

The following two tabs change content below.
南フィリピン大学ESL勤務/フィリピン・セブ留学エージェント起業/ 25歳で初めてフィリピン・セブ島英語留学をし、英語が伝わる楽しさ、現地での様々な体験に魅了され、その良さを一人でも多くの人に知って欲しくて起業しました。現地生活約3年弱の経験をもとにフィリピンセブ島留学の良い点・悪い点を包み隠さずブログに書いていきます。