現地情報

現地情報

セブに行ったら絶対行くダイビングショップオールブルー(all-blue)

フィリピンセブは英語留学や観光だけでなくマリンアクティビティも有名です。留学中にダイビングにどハマりし、ダイビングの資格であるアドバンスまで取得しました。なんとセブで潜った回数20回以上です(笑)。ダイビング好きの私がフィリピンのセブ島の留学中にダイビングショップのオールブルー(all-blue)でダイビングをしてきたので記事にします。ダイビングと聞くとライセンスがないとできないと思われる方も多いと思いますが、ライセンスなしの全くの初心者でもプロのインストラクターの指導の元、本格的なダイビングが楽しめるので安心してくださいね!

ダイビングはセブのどこでできるの?

セブにはダイビングスポットが多くありますが、その中でもマクタンが主流で、他にはジンベイザメがいるオスロブやウミガメに遭えるモアルボアルなどのダイビングツアーも有名です。ダイビングショップオールブルー(all-blue)の地図を載せています。ダイビングショップオールブルー(all-blue)のホームページはこちら

ダイビングのライセンスの違い

ダイビングのライセンスには種類があり、一般的にみんなが取るのはオープンウォーターまたはアドバンスです。ライセンスを希望する人は最初にオープンウォーターを取得します。セブでオープンウォーターは約40,000円くらいで2日間で取得できます。

オープンウォーター 水深18メートルまで
アドバンス/アドベンチャー

水深30メートルまで

※アドベンチャーを持っているとナイトダイビングができる

レスキュー 水深30メートルまで
マスター アマチュアで取得できる最高峰のライセンスです。
インストラクター 指導者レベル

ダイビングの持ち物は?

持ち物リスト  
水着・ビーチサンダル これは必須!
酔い止め ダイビング初心者はダイビング酔いする可能性あり、ポイントまではボートで移動するため、酔いやすい方は持参するといいよ!
ヘアゴム、日焼け止め  
お菓子  
飲み物  
防水カメラ 揺れが激しいので落とさないで!

ダイビングの流れ


 ダイビングは泳げない人はできないというイメージがあるかもしれないですが、泳がないので泳げなくても大丈夫です。初心者の方でも体験ダイビングコースがあり、プロダイバーの手厚いサポートが受けられ安心です。

以下の説明は一般的なダイビングショップを利用した際の流れです。

1 ダイビングショップのホームページから申し込み
2 指定された時間にダイビングショップへ行く
3 ダイビングの説明を受ける
4 着替える
5 ボートに乗り込む
6 ウェットスーツやボンベの準備
7 ダイビングの注意事項の説明
8 ポイントへ到着してダイビング開始

ダイビングはこんな感じ!

 

はじめてダイビングする方へ!

幼少期はスイミングを習っていたので泳ぎは得意でしたがダイビングとなるとさすがに怖いイメージでした。もちろん初めてダイビングに挑戦するときも怖かったです。でも、耳抜きだけできればこっちのもの!初めて見る海中の景色に感動!海は透き通っていてみたこともない魚がいて別世界〜!是非皆さんにもこの景色を見てもらいたいです。前日の過度な飲酒や、ダイビング中に魚に触ることは危険なので気をつけて下さいね!

 

The following two tabs change content below.

Yuka

留学アドバイザー虹色留学合同会社
セブ大好きです!セブ島留学を3ヶ月終えてオーストラリアでワーキングホリデーに1年間行ってきました。セブ島留学に関して情報をアップしていきます!