現地情報

現地情報

フィリピンパブで英語学習!?

今回は現地のフィリピンパブを紹介します!フィリピンパブへの出入りを禁止している学校が一部ありますのでご注意ください。フィリピンパブと聞くと怪しい、いかがわしい、ぼったくられそうなどマイナスなイメージが浮かびますよね(笑)。私が現地で働いていたときに結構通っていた日本人向けの明朗会計で安心なKTV(ケーティービー)を紹介します。KTVはリーズナブルな料金で英会話ができる場ですが、セブにあるKTVの中にはぼったくり店もありますので注意が必要です。自己責任でお願いしますね!それではKTVについて書いていきます。

英語のアウトプットの場として最適!

人前で英語を話すことが恥ずかしい日本人にとって、お酒の力を借りて女の子と英語を話せるのってなかなか魅力的です。かわいい女の子と英語でコミュニケーションをするのでモチベーションがあがります(笑)。

フィリピンパブってどんなところ?

現地ではフィリピンパブのことをKTVと言います。KTVではお酒を飲みながら女の子と会話を楽しみ、カラオケをするところです。フィリピンには日本人経営、韓国人経営、フィリピン人経営など様々なKTVがあります。日本人経営のKTVではスタッフが日本語対応してくれるところもあります。※ここで言うフィリピンパブはあくまでも現地のフィリピンパブに限った話です。

フィリピンパブの仕組み

フィリピンのKTVの一般的な流れをご説明します。KTVに初めて入店した時に戸惑わないためにもチェックしておいてください!

お店に入る→ドリンクをオーダーする→女の子の指名確認→指名がない場合はshow up (女の子たちが着席したテーブル前にズラーと並びます)→タイプな子を選ぶ→隣に座ってトーク、カラオケなど

フィリピンパブの料金に関して

フィリピンセブには多くのKTVがありますが、私のイチ押しのJapanese KTV KOMACHI(ジャパニーズケーティービー小町)の料金で紹介します。基本的にお客さんはセット料金にドリンク料金が含まれており飲み放題です。KTVの女の子へレディースドリンクを頼む場合は、都度料金が加算されていく仕組みです。滞在セット数に応じておつまみやフルーツの盛り合わせが無料で出てきます。写真は3セット滞在したときに出てきたフルーツ盛り合わせです(笑)。

通常料金 ハッピーアワー時間を除く
男性 1セット(60分) 600ペソ(約1,500円)
女性 1セット(60分) 300ペソ(約750円)
レディースドリンク 1杯 250ペソ(約625円)

ハッピーアワーがお得!

こちらのハッピアワーはJapanese KTV KOMACHI(ジャパニーズケーティービー小町)の料金です。※ハッピーアワー料金の適用は、ハッピーアワー時間帯での利用で最大1時間のみです。

ハッピーアワー料金 19〜20時/24〜27時のみ
男性 1セット(60分) 400ペソ(約1,000円)
女性 1セット(60分) 300ペソ(約750円)
レディースドリンク 1杯 250ペソ(約625円)

おすすめKTV一覧

私が現地でよく通っていたKTVをいくつかピックアウトしましたので良ければ行ってみてください!

Japanese KTV KOMACHI(ジャパニーズケーティービー小町)

Japanese Karaoke Club Ace(ジャパニーズカラオケクラブエース)

Club King Japanese Karaoke Bar(クラブキングジャパニーズカラオケバー)

The following two tabs change content below.
南フィリピン大学ESL勤務/フィリピン・セブ留学エージェント起業/ 25歳で初めてフィリピン・セブ島英語留学をし、英語が伝わる楽しさ、現地での様々な体験に魅了され、その良さを一人でも多くの人に知って欲しくて起業しました。現地生活約3年弱の経験をもとにフィリピンセブ島留学の良い点・悪い点を包み隠さずブログに書いていきます。