現地情報

現地情報

学校のタイプを徹底解説!

フィリピン留学は、費用に対して授業時間数が多いことが最大の特徴です。スタンダードのカリキュラムでも1日6〜8コマ(約5〜7時間)の授業が受けられます。今回は学校の特徴をタイプ別に解説していきます。日本経営はスタンダードとセミスパルタが多く、韓国経営ではセミスパルタとスパルタが圧倒的に多い傾向にあります。学校選びの際の参考にしていただければ幸いです!

学校のタイプについて

  スタンダード セミスパルタ スパルタ
授業 6〜8コマ 6〜10コマ 8〜10コマ
種類 通常授業、オプショナル 通常授業、オプショナル、義務 通常授業、オプショナル、義務
テスト 4週に1回 毎週 毎日
自習 任意 一部強制 強制
外出 可能 可能/一部強制 不可/制限あり
EOP※ なし 一部あり あり
門限について

日〜木 23:00

金・土・祝前 なし

日〜木 23:00

金・土・祝前 なし

日〜木 外出不可

金・土・祝前 可能

※テストに合格しなければ週末外出禁止

※EOPとはEnglish Only Policyといって、英語しか話してはいけないルールのことです。EOPに指定された場所では英語のみ使用可能です。

※オプショナルとは参加が任意のグループレッスンのことです。

時間割で見比べるとこんな感じ

実際の学校の時間割を表にまとめてみました。スタンダードを3D ACADEMY、セミスパルタをCIA、スパルタをSME AGを例に挙げて紹介しています。時間数など細かい部分が実際とは異なりますが、それぞれのイメージを掴んでいただくために大雑把な時間割表としてまとめてあります。

  3D ACADEMY CIA SME AG
    単語テスト 早朝クラス
朝食
1限 マンツーマン マンツーマン マンツーマン
2限 マンツーマン マンツーマン マンツーマン
3限 グループ グループ グループ
4限 グループ グループ グループ
昼食
5限 マンツーマン グループ マンツーマン
6限 マンツーマン グループ マンツーマン
7限 グループ マンツーマン オプショナル
8限 オプショナル マンツーマン オプショナル
9限   義務自習 グループ
10限   義務自習 グループ
夕食
  フリータイム 夜間クラス
  フリータイム 夜間クラス

 

The following two tabs change content below.
南フィリピン大学ESL勤務/フィリピン・セブ留学エージェント起業/ 25歳で初めてフィリピン・セブ島英語留学をし、英語が伝わる楽しさ、現地での様々な体験に魅了され、その良さを一人でも多くの人に知って欲しくて起業しました。現地生活約3年弱の経験をもとにフィリピンセブ島留学の良い点・悪い点を包み隠さずブログに書いていきます。