現地情報

現地情報

クレジットカードの上限に注意!

今回はクレジットカードの上限に関して書いていきます。留学生活ではクレジットカードが何かと便利です。航空券の購入やホテルの予約など今やクレジットカードひとつでお買い物ができる時代です。フィリピン・セブ留学ではクレジットカードが使える場面が限られていますが、身分証明証の代わりになったりと何かと重宝します。しかし、クレジットカードによっては上限が設定されており一定額までしか利用できず、ここぞという場面で決済できない場合があります。留学前に持っているクレジットカードの上限を確認しておくことをおすすめします。今回の記事では、一度の決済額が5万円で設定されている学生のパターンに関して書いていきます。

クレジットカード決済の上限について

はじめに、クレジットカードは信用貸しとも言われており、カード利用者に代わって一時的にクレジットカード会社が決済を立て替えてくれます。その後、クレジットカード会社の指定する日にお金が利用した分の金額が引き落とされ清算されます。学生などまだ働いていない方の場合はクレジットカードの決済額に上限が課せられていることがほとんどです。また、その上限金額は5万円で設定してある場合が多いです。航空券の取得などで一時的に決済の上限を超えてしまう場合を考慮して、決済額の引き上げをクレジットカード会社にお願いしておきましょう。※一度に5万円を超える決済をした場合、決済不可となってしまいます。

クレジットカード決済の上限引き上げの申請について

クレジットカード決済の上限引き上げについては、原則カード所持者である本人からしか受け付けてもらえない場合がほとんどです。フィリピン・セブ留学中に万が一5万円を超える決済をする場合(航空券の買い直しが起きた場合など)に備えて上限の引き上げを留学出発前にしておきましょう。申請方法は、クレジットカード会社のサポート窓口へ電話してお願いします。留学先から電話となると、国際電話や現地SIMからの電話で、通話料が高くなってしまいます。日本出発時に上限の確認と引き上げをして強くおくことをおすすめします。

クレジットカードの利用限度額について

利用限度額とはクレジットカード会社が定めた、利用できる範囲内の信用貸し金額です。例として、利用限度額が10万円で3万円のお買い物をした場合、残りの利用可能枠は7万円です。この時点では7万円を超える買い物はできません。クレジットカード会社へ滞りなくお金が引き落とされれば、また最大利用可能額が10万円に戻ります。利用限度額は年収により異なりますが、一般的なクレジットカードだと30〜100万円で設定されていることが多く、学生の場合は10〜30万円くらいに設定されています。※一度に決済できる決済の上限金額と利用限度額は異なります。

未就業者の利用限度額の変更は簡単ではない

学生など働いていない人たちへの利用限度額の変更は、年収や、過去の支払い実績に大きく影響するため容易ではありません。

クレジットカードは留学中の強い味方ですが、計画的に使ってくださいね!

The following two tabs change content below.
南フィリピン大学ESL勤務/フィリピン・セブ留学エージェント起業/ 25歳で初めてフィリピン・セブ島英語留学をし、英語が伝わる楽しさ、現地での様々な体験に魅了され、その良さを一人でも多くの人に知って欲しくて起業しました。現地生活約3年弱の経験をもとにフィリピンセブ島留学の良い点・悪い点を包み隠さずブログに書いていきます。