留学体験談

留学体験談

【留学体験談】KAYOさん12週間

留学を決めた理由を教えてください

気分転換とスキルアップのためです。3年間勤めていた会社を辞めて留学を決意しました。会社に不満はなく社内の人間関係も良好でした。社内のポジションも上がっていき、良かったけれど、自分の将来のことを考えると成長に限界を感じていました。転職を決意し、その合間に気分転換として英語留学を思い切って決めました。日本では英語が話せるスキルは武器となるため、留学したいという理由が前向きな理由だったため、会社も背中を押してくれました。

学校や授業について教えてください

コミュニケーションがメインのレッスンで、担当の先生にもよりますが、英語がうまく話せなくても会話をすることが大切というスタンスで楽しく不安に感じることなく授業に参加できました。先生の相性が結構重要で、他の生徒がいいと思った先生が私には良くないと思うことがあったりしました。英語の初心者の私に「週末はどこに行ったの?」「今日学校終わったらどこいくの?」「彼氏いるの?」など楽しく日常会話ができ、自分から話したいという気持ちになりました。

留学生活はどうでしたか?

バカンスといろんな国の方が留学していた学校だったので国際交流を楽しむ留学となりました。私が通っていた学校はラプラプの長閑なところにある学校で、自己責任の感覚が強く、いろいろと自由でした。留学期間中は風邪以外はすべて授業に出席しました。ヨーロッパ思考の校風だったため、遊びも多い留学となりました。私が通っていた学校は1日50分のレッスンを6コマ受講したあとに、予習・復習でやることが多く、授業が終わったてから自習室に篭っていましたが、23:00に自習室が閉まるため、英語学習の時間が足りなかったです。学校のクラスメイトや先生、現地の人たちと、「海外の食文化、生活習慣から宗教観、結婚観」まで深いテーマについて話せました。私の滞在していたお部屋はシャワーの水圧が弱く、メンテナンススタッフに頼んでも限界があり、フィリピンクオリティを体験しました。(笑)。はじめのころは、虫の多さやシャワーの水圧や洗濯のクオリティなど日本と比べると良くない点がありましたが、生活していくうちに慣れました。いい意味でフィリピンクオリティを味わえました。私の通っていた学校には海が好きで島にいく子たちが多かったですが、私はローカルエリアに何度も足を運び、現地の人たちとたくさん会話を楽しみました。フィリピンの人たちは温かく、何でも話しかけてきてくれるので、英語でのコミュニケーションの楽しさを体験できました。私は珍しいタイプの生徒だと思いますが、学校周辺で観光業をしているフィリピンの人たちが多く、その方の営業をうまいこと交わしつつ楽しく生きた英会話をできました。

これから留学をする方へメッセージを!

私自身、英語の上達に関しては、留学前に思い描いていた成果はあげられませんでしたが、物怖じせずに英語を話せる自信が身につきました。初めからわからないこと、不安なことに立ち向かえる自信と度胸が身につきました。いろいろな国籍の方と触れ合い、価値観が大きく変わり、これからの人生への視野が広がりました。フィリピン留学は合う人と合わない人がはっきりします。虫が嫌いだったり、お水が合わない、生活環境が日本と比べて綺麗ではないので、合わない人には厳しい環境です。海外旅行経験がある方や、海外生活をしている方はお腹を壊したりしない傾向が強いです。日本に疲れ、窮屈に感じている方、不安に感じている方は是非、日本を出ることおすすめします!フィリピン留学は今後の自分の人生に対しての見方を変える大きなきっかけ作りとなります!

グローバル化する日本にも強い人材になれるはずです!

The following two tabs change content below.
南フィリピン大学ESL勤務/フィリピン・セブ留学エージェント起業/ 25歳で初めてフィリピン・セブ島英語留学をし、英語が伝わる楽しさ、現地での様々な体験に魅了され、その良さを一人でも多くの人に知って欲しくて起業しました。現地生活約3年弱の経験をもとにフィリピンセブ島留学の良い点・悪い点を包み隠さずブログに書いていきます。